サッカー まとめ

サッカー好きな私が厳選したサッカーニュースを伝えていきます

中澤佑二

先日、横浜Fマリノス中澤佑二選手がフィールドプレーヤーとしては、過去最高の140試合連続フル出場を成し遂げました。

(GKでは鹿島アントラーズ曽ヶ端準選手の244試合)

 

今までは浦和レッズ阿部勇樹選手の139試合が歴代1位でした。

阿部選手は、口の中が切れ大量の出血がありながらも、口にガムテープを貼り試合に出場し続けたことが以前ありました。

そんな「鉄人」の記録を中澤選手は超えたことになります。

 

 

念のため、中澤選手について簡単に紹介しますと‥‥

 

元日本代表キャプテン。CB。ボンバーとも言われる。などなど。

 

中澤選手は20代前半の頃から日本代表に選ばれていますが、実はエリートとは程遠いサッカー人生を歩んできたそうです。

サッカーは小学6年生の頃に始め、また高校時代に埼玉県選抜にも落選。

高校卒業後はブラジルに渡り、日本に帰国後はすぐにはプロになれず、母校の高校でサッカーを続ける。

そこで東京ヴェルディとの練習試合で活躍し、東京ヴェルディの練習生となり、そこから現在の地位にまで上り詰める。

上記のエピソードからも、苦労人であることが十分伝わってきます。

 

 

そんな決してエリートではない中澤選手はここまで偉大な選手になれたのは、人一倍の努力があったからです。

高校時代は毎日練習後夜遅くまで自主練習をしていたみたいです。尊敬の域超えますね。

 

また39歳になりながらも試合に出場し続けられている理由の一つに、食事などにも気を使っている点が挙げられます。

朝はがっつり食べ、夜は炭水化物少なめなどなど。

 

 

まだまだ中澤選手が取り組んでいることがたくさんありますが、一つ一つ挙げていたら正直キリがありません。

それぐらいストイックな選手です。

 

 

40歳をメドにに引退を考えるというような事を以前テレビで話されていましたが、私はまだまだ中澤選手のプレーを観ていたいですね。

 

これからもご活躍期待してます!